幸せな結婚生活を夢見て|手作り の婚約指輪で更に愛が盛り上がりをみせる

手作り の婚約指輪で更に愛が盛り上がりをみせる

男女

幸せな結婚生活を夢見て

男性女性

様々なモチーフ

ハワイアンジュエリーは、ハワイでは親子で代々受け継がれているというアクセサリーです。金属の土台に、細かな彫刻が浮き彫りにされているので、上から飾りを付け加えたアクセサリーと比較すると、丈夫で長持ちするのです。彫刻は、ハワイを髣髴とさせるハイビスカスやスクロールがモチーフとなっています。ハイビスカスは恋心や信じる心を示す花、スクロールは永遠に続く気持ちを示すものとされています。そのためハワイアンジュエリーは、相手を信じながら永遠に幸せに過ごすという願いを込めて、結婚指輪としても使われています。この他にもハワイアンジュエリーには、幸せを運んでくる亀や、夢がたっぷりと詰まっている樽などがモチーフとなっているものもあります。これらもやはり、結婚指輪に適したモチーフということで注目されています。

結婚式に間に合うように

結婚指輪は、結婚式で新郎と新婦のそれぞれが、左手の薬指につける指輪です。ある意味、この瞬間から新郎新婦が夫婦となると言えるため、そのため幸せな結婚生活となることを夢見て、多くの人がハワイアンジュエリーを結婚指輪として使っているのです。ところが、ハワイアンジュエリーは工場で大量生産されることもありますが、本格的なものはひとつひとつ手作りされています。デザインや土台となる金属を決めて、その上で彫っていくことになるので、完成するまでにある程度の期間がかかります。多くの場合は1〜2ヶ月かかりますし、注文数によっては3ヶ月ほどかかることもあります。そのため、結婚式に間に合うように、早めに注文手続きを済ませることが肝心とされています。